発達凸凹児の理解・認知力は?

おはようございます。
タッチライフの おーこ です。
最近、必ず紅茶にショウガを入れて飲ん出る私。
体も温まるし、喉にもいい感じです~~

さて、以前、凸凹さんの支援をしている方々へのアンケートで

「何が一番困っていますか?」 という問いに

「本人が、分かっていない、困ったことになっている、などということを理解できないので、
支援がスムーズにできない」

という回答が多かった。と伺いました。

おそらく障害者枠で就労するくらいの軽度知的障害とされるゾーンの方々の支援者からの回答かと思います。

そうなんですよね。「分かっていないことが分らない・・・」息子もあるあるです。

軽度の知的や認知の弱さ、歪み、などがある場合

社会性が弱く、社会そのものの仕組み、動き、価値基準などが正確につかめないことも多いですし

自分を客観的に見ることも難しいです。

グレーゾーンで知的に問題ない場合でも、認知の歪みがある場合は、がんこで人の話が聞けない場合もあります。

私は発達障害の特性として、「理解力の程度」というものを見定めていくことが大切だな、、、と感じています。

つい、分かっている人からすると「分かって当たり前」な感覚になってしまいます。

「これが分かるのに、どうしてこれは分からないの?」と理解の仕方が不思議な場合も沢山ありますよね。

こんなことを考えると、やはり、「素直」な凸凹さんに育てることが
その子を助けることになるのかな~と思います。

なので、タッチはしておいて損はないな~~と思います。

では続きはメルマガで。
おーこ(^^♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■東久留米にじのわキッズ:タッチ体験&座談会■
2/13(水)10;30~12:30
東久留米駅そばのお店
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルマガ登録
おーこ(^^♪



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP