片づけが苦手な凸凹さんは どちらのタイプですか?

おはようございます。タッチライフの おーこ です。

昨日はスタジオを見学したり、お仕事の件で大手町のビル群の中を少し歩いておりました。

メラメラと空気が歪んでいる暑さの中、ビジネスマン達が沢山!!なんだか凄い!!

この暑さの中、皆さん頑張っているのですよね。

私も暑いなんて言っていないでがんばろ!!と思いましたが・・・

昨夜は足がつり、激痛で目が覚めました。トホホ。。。

できることから頑張ります。

 

さて、最近私は「コツコツ断捨離」をしているのですが

お片づけが苦手という凸凹傾向さんは多いですね。

私は一応整理収納アドバイザーという資格を持っていますが、整理整頓ってどこからやるのかというと

「捨てること」からです。

お片付けへ苦手な方は、この「捨てる」が苦手ではないでしょうか?

「捨てることが苦手」なのには大きく分けて2つあります。

1・物への愛着が強くて捨てられない

2・何を捨てて良いか分からない

1は物に対して
・買った時の思い、それを使い楽しかった記憶、などが鮮明に入り込んでいて、自分の過去がそこに刻まれていますので
それを捨てることは、その良い記憶も一緒に捨ててしまうような感覚になり、捨てることへの抵抗をもってしまう・・・・

・それを所有しているというだけで嬉しい、気持ちよい、安心するという、お守り的意味が含まれているため、手放すことに抵抗を感じる・・・

というものへの執着。

 

2は物に対して
・それほどの執着はないので、どれを捨て、どれを残せばよいのか、優先順位が付けられないという判断基準が分からない感覚。

・捨てた後、必要になるかもしれない、、後悔するかも知れない、、、という未知への不安、後悔への不安が強く、利用する可能性への判断ができなくなる感覚。

 

などが、多いかと思います。

まずは自分がどんな傾向を持っているのか、自覚することは大事です。

そして、どちらも買うことに制限を設けたほうがよい、ということもありますね。

 

 

片づけるには、まずは捨てなくてはなりません。

でも、捨てられない、という方は、漠然と捨てられない思いをもったままでは片付きませんので、、、

まずは自分のタイプを自覚したうえで
捨てる基準を設けるといいと思います。

「コツコツ断捨離」もその一つの方法です。

 

ではこの続きはメルマガで書きますね。

おーこ(^^♪



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP