小学校での困りごとに対する学校の考えは????

こんにちは。 タッチライフの おーこ です。

2016年4月に障害者差別解消法が施行され、障害のある子どもが他の子どもと平等に学べるよう、国公立学校が「合理的配慮」をすることを義務化されました。

「合理的配慮」とは?
障害のある人が他の人と平等に暮らすために、
周囲の人や学校、会社などが無理のない範囲で行うべき①支援や②ルールの変更、③環境の調整。
例えば、①見えない人に声で文字情報を伝える、②音に敏感な子どもに教室でヘッドフォンの着用を認める、③車いすの人のために動線を広くする…など。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とありますが、、、

実際は、どうなのでしょうね?

法律だけ作っても、まずは先生方が発達障害について学ぶ機会を作り

配慮をすべき事例などを学ばないと、対応などできない気がします。

小学校での困りごとはもうだいぶ分かっているのに、

学校ごとに理解や対策の違いがあるのはどうしてなのでしょう?

対策があまりにも先生の個人的考えで行われている教育現場に

ちょっと疑問を感じるのは私だけでしょうか?

 

毎日の授業、生活の中で課題として掲げられるからこそ

できないこと、耐えられない感覚は非情に辛さを増します。

目に見えないことは、そんなにも分かりにくいのでしょうか?

発達障害に関してこれほど情報はあふれているのに・・・

問題の代表例は

・記憶の問題:物忘れに対する特別対策、罰則配慮

・多動の問題:教室を出たときの特別対策:環境整備:落ち着く配慮

・感覚の問題:過敏や頓馬への特別許容、支援グッズの許可、環境配慮

・機能の問題:書字、板書、運動、工作、など視機能、微細運動の苦手への特別許容、配慮

こんなことでしょうか。。。

どこまで把握し、どこまで配慮できるかをきちんと検討することは簡単ではありませんが

「合理的配慮」を義務化するならば、その時間と対策法もセットで与えるべきかと思います。

 

いくら説明しても、先生が、学校が理解してくれない。

親が甘い。躾ができていない。と言われることも現実にあります。

また、配慮といっても、他の子とのバランスが取れない。特別扱いできない。

と言われることもあるそうです。

先生個人で頑張られている方は沢山おられると思います。

素晴らしい関わりを持ってくださる先生も沢山います。

でも、それがなかなか日本では広がらない印象があります。

もっと成功事例を吸い上げ、システム化し、支援方法、支援グッズ、支援人材の

普及が進むことを願っています。

 

ではまた。

おーこ(^^♪



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP