共感力が弱い凸凹さんがトラブルになりやすい3つの要因

こんにちは。タッチライフの おーこ です。

人の気持ちが読み取りにくい・・・

共感力が弱い・・・

と言われやすい凸凹特性の方はいるかと思います。

共感力が弱くトラブルに繋がりやすい要因を3つ挙げてみます。

1・「なんちゃって共感ポーズ」ができないで本音を口にだしてしまう

2・目の前の事しか見えていないシングルフォーカス

3・相手との関係性が築けていない、距離感にずれがある

 

一つづつ説明しますと。。

1・「なんちゃって共感ポーズ」ができないで本音を口にだしてしまう

「これいいよね~~」と相手が言う場合、自分はそれほどでもないと思っても

「そうだね~いいね~」と言う場合が多いのではないでしょうか?

せっかく気分よく「いいよね~」と言っているのを、ぶち壊す事もないですし

その場の空気もあるでしょう。

でも凸凹の人は、嘘をつきたくない、正直に言ったほうがいいなどという価値判断や

それを言ったあとの想像が思ったほどできないなどで

「そうでもない」などと言う場合があります。

 

2・目の前の事しか見えていないシングルフォーカス

人の気持ちは複雑です。もちろん目に見えないので、どんな人でも

読み取ることは難しいことかと思います。

でも、人は何か嫌だな、、、違うな、、、と思った時

何らかのサインを出しています。

ちょっと返事をするのに一泊置いたり・・・

嫌な顔をしてから「ううん・・いいよ・・」と言ったり

もう何度目か、、となるとそれを言葉にすることもあるでしょう。

でも、凸凹さんはそれに気づかない、もしくは薄々分かっていても

自分の欲求を通してしまう(抑制が効かない)ことがあります。

これはシングルフォーカスで、目の前の事にフォーカスし、

今までの薄く見えていたサインを無視することになります。

普通はシングルではなく、サインに気付いた時、過去を検証します。

「今までも私は気づかずにやらかしてたかしら???だとしたらごめんなさい」と。

そのことがピンと来ていないと

なかなか自分をコントロールできないかもしれません。

 

3・相手との関係性が築けていない、距離感が分かっていない

本音を言ってもお互いに大丈夫な関係性を築けていない場合も、本音をぶつけていいと思っている。

かえってそのほうが仲良くなれる、と思っている、など

「関係性」というものの構築を、甘く見ている場合があります。

相手が自分の事をどのくらい理解し好意を持ってくれているか、、、を把握できず、

一人で距離を詰めてしまっている場合もあります。

自分はどの人も好きで、あまり癇に障るひとがいない場合

相手もそうだと思い込んでいたりする凸凹さんもいます。

 

一言で「共感力」と言っても、

・読み取る力・抑制力・関係性構築力・などがあって

 はじめて共感が上手く使えるのです。

 

そのことが把握できていないと、「共感力」を正しく使えないかもしれません。

 

そして、その意味が分かっていないと「なんちゃって共感」をするときに

大きな不快感や余計な罪悪感を感じ、ストレスとなる人もいるでしょう。

 

でも、人間関係でトラブルを抱えやすい人は、「スキル」として

身につけなくては自分が生きづらくなるでしょう。

まずはこの3つを

丁寧に教えてあげないといけないのかな、、と思います。

そして自覚できるまで根気よく教えていくしかないのかな、と思います。

 

ではまた。(^^♪

メルマガで続きは書きますね。

メルマガの到達に問題がある方は、申し訳ないのですが

もう一度登録をし直していただけると復活するよです。

よろしくお願いいたします。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 工藤好美
    • 2018年 8月 11日

    こんばんは✨
    この記事は私の中の疑問へのドンピシャな回答でした。
    中3になる息子が唯一友達グループの子達ともめる事が最近多くなりました。発達凸凹だから仕方ないのかと諦めてました。が理由がわかりました。難しい年頃になってきましたが、折りをみて話してみようと思います。
    ありがとうございました。m(__)m

      • ookomio
      • 2018年 8月 12日

      工藤さま
      こんにちは。コメントありがとうございます。
      中学は難しい年頃ですよね。親が介入するにも、先生が動くのも、反動でまたなにか起きたり・・・
      難しいですしね。。。
      絵に描きながら、視覚的にも分かりやすくして話されるといいかもしれませんね。
      おーこ(^^♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP