発達障害 会話について

おはようございます。発達支援カウンセラー おーこ です。

個別相談されたママさんから近況報告と

こんなご質問をいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

最近の息子(グレーゾーン3年生)に教えた事は話に割り込まない事です。

1人っ子だし少し多めに見てたのですが、

大人の会話の途中に何々ーと割り込んでくる事が多くて、

私のイライラが半端なくなってきたので教えました。

「何話してるのか気になるのはわかるけど、話が気になるなら最初から聞くとか大人が話が終わったらなんの話だったの」と聞いてもらえる?とお願いしてみました。

そしたら昨日旦那との会話の途中で割り込む事はせずに話終わった時に聞いてきました。
これも成長ですね。

おーこさんならこんな時どんな風に話しますか?
私が息子に伝えた感じの他に何かアドバイスがあれば嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これはこのお願いで、できているのですから

問題ないかな~と思います。凄いですよね。

「最後まで聞いててくれてありがとうね~いつもそんな感じだと嬉しいな~」ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

私がこのテーマから持つ視点は3つです。

1つは

「興味を持って聞いている」ことがとてもいい!!です。

凸凹児は興味を持ったことはとても伸びます。

「大人の話を興味を持って聞いてるなんてすごいね」といい事だよ~と

示してあげるといいかな、と思います。

【興味を持つ=使える】です。

 

2つ目は

「聞く力はどうなのか?」です。

発達凸凹の人は大人でも

・話始めを聞き逃す、聞き取れない

・長い話だと途中から分からなくなる

ということがよくあります。

お子さんが、この聞く力がどの位あるのかな??という視点です。

・話のどの言葉が分かっていないのか・・・

・話の解釈のズレはあるのか・・・

・話のどの辺りから分からないのか・・・

など、聞く力をこちらが把握する機会でもある、ということです。

 

話の途中で割り込まない、というルールを教えることと

ルール自体どの位守れる力を持っているのか、ということを

考えることが大事かな、と思います。

 

3つ目は会話には直接的ではありませんが、、、

メルマガに一つ事例をかいてみますので

良かったら読んでみてくださいね。

■メルマガ登録はこちら

ではまた。

おーこ(^^♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■メルマガ登録

■子供の個別相談

■大人の個別相談

■訪問セッション

■書籍「発達凸凹を感じたらタッチライフをはじめよう!」

■オンライン発達凸凹タッチライフ講座

■アメブロ

■Facebook

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP