発達障害・癇癪への考え方

こんにちは。発達支援カウンセラー おーこ です。

発達障害で一番顕著に出てくる困り感として「癇癪」があるかと思います。

私も息子が小さい頃は癇癪を起こされると、本当に感情が逆なでられたり

公共の場だといたたまれず、帰宅後もダメージを引きずっていました。

 

私が提案しているタッチライフの基本的考えは、タッチをしていくと癇癪自体が減っていくので、

癇癪が起きてからの対応ではなく、「根本的に癇癪を減らしていくことに注力する」ということが前提です。

が、癇癪が起きたとき、どうするか。。。を書いてみますね。

 

 

癇癪への対応として「無視しましょう」「しばらく収まるまでほっておきましょう」

などと指導されるのですが

「本当にその対応でいいのでしょうか?」というご質問も多いです。

 

答えとして

その対応がハマっていると感じられれば、その時の対応としては正解。おそらくわがまま来る癇癪かと思います。

ハマっていないと感じたら、そのレベルではないかも・・・無視するとさらに悪化する場合は他の方法がある。

ということなのです。

つまり、正解は一つではありません。

 

癇癪を起こす理由、状況、経過、はその時々で違います。

一様に「無視」がハマる訳がないのですね。

無視、と 見守る、も微妙に違いますし、、、、

 

癇癪とは、自分の思いと現実がかけ離れてしまい、折り合いをつけるために苦しみもがいている状態かと思います。

心の切り替えができず、暴れる、攻撃する、破壊する行為です。

 

例えば、自分の欲しいと思うお菓子がお店に行ったとき、なかった場合

それが崩れてしまった時のショックは受け入れがたいのでしょう。

普通ならば少しなだめたらあきらめることができます。

でも、癇癪になってしう場合は

パニックですから、しばらくの間ママの声は届きません。

その間、収まるまでほっておきましょう。という対処もありかと思います。

でも、少しでも耳を傾けてくれる場合は

その気持ちに寄り添った言葉をかけてあげると癇癪の時間は少なる来るように思います。

「そんなこと言ってもないんだから仕方ないでしょ」と言いたいところですが

「なくて残念だったね。悲しいね。」と何度も言ってあげるのです。

これは、もしお友達が欲しい物が売り切れていた場合にかける言葉と同じにしてもらえるといいですね。

「仕方ないでしょ」とは言わないはずです。

「仕方ない」は自分で切り替えられて初めて出てくる気持ちです。

人から言われたら、「私のこの悔しい気持ちを分かってもらえてない」とますます暴れたくなってしまうのです。

つまり火に油です。

 

ワーワーギャーギャー言われると、つい感情が巻き込まれ、寄り添えなくなるものでしょう。

でも、こちらも次は寄り添ってみよう、と心の準備をしておけば、できるようになります。

 

あまりに癇癪やバタつく時に怒ってばかりいると、「この人は分かってくれない人」となりどんな言葉も入らなくなります。

信頼関係が構築できないまま大きくなってしまうリスクがあります。

そして暴言、反抗、暴力と二次障害へ発展していくケースがあります。

もし、こうなってしまった場合はゼロからやり直したほうが早いです。

どうぞご相談ください。

ではまた。

おーこ(^^♪

■メルマガ登録

■子供の個別相談

■大人の個別相談

■訪問セッション

■書籍「発達凸凹を感じたらタッチライフをはじめよう!」

■オンライン発達凸凹タッチライフ講座

■アメブロ

■Facebook

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • まるこ
    • 2018年 5月 07日

    もう小5にもなる息子ですが、そして、もう10年以上も母親としてやってきた私ですが、今日も、お互いに強くつねり合い、ののしりあい、傷つけ合いました。毎度の如く、激しく抵抗し、激しく反抗し、激しく泣き叫ぶ息子に、学習しない私。お〜こさんの言っている事も、一般的に言われている対応も、頭では分かっているのに。とことん、落ち込みます。子供の方が辛いんですょ、というのも分かってます。でも、私も辛い。怒りや癇癪の強い子供はかなり大変です、という言葉にも、がっくり落ち込みました。なぜ、こんなにも辛い想いをしなければならないんだろうって。

      • ookomio
      • 2018年 5月 07日

      まるこ様

      コメントありがとうございます。
      毎日のごとく、、、なのですか、、、辛いですね。。
      今までの経過が分かりませんが、、、悪循環から反抗性挑戦性障害までいってしまっていますかね?

      子どもの方がとか、親の方がとはなく、どちらも辛いと思います。

      このままでは本当に辛いかと思います。
      リセットして変わるきっかけを作り、現状から抜けた親子は多いですよ。
      一度よろしければご相談ください~。
      おーこ

    • まるこ
    • 2018年 5月 08日

    ありがとうございます…お返事まで頂いて。反抗性挑戦性障害…あらゆる情報を読み続けて、我が子の様子に当てはまると気付いたのが、これでした。お〜こさんから見てもやはり、そう思われますか…
    もしこれだとしても、この歳でも、タッチで親子関係を抜け出すことは出来ますか?
    ぺちゃんこになっている場合じゃないですね…最近の色々な出来事と併せて、中々元気が出ません。

      • ookomio
      • 2018年 5月 08日

      まるこさま

      もちろん詳しくお話しを伺わないと分かりませんが、タッチを含め関わりとしてできることはあると思います。
      私の経験では、同じようなケースで変わったお子さんは何人もいますよ。
      思春期本番に入る前にやるならば、やってみて欲しいな。。とも思います。
      でも、ママの気持ちがある程度復活してからですかね。。。
      私も1日中、ぼーーーっとしたり、涙が出たり、情緒が乱れ、やる気が出ない時もあります。
      そういうことは凸凹児を育てていたら当たり前だとも思っています。なので、
      自然に復活するまでしっかりダラダラしてます~。
      まるこさんのタイミングで、、、いつでも応援いたします。
      おーこ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP